NEWS工場マツのメカブログ。。。28

工場マツのメカブログ。。。282020/07/15

先日、2021のヤマハオフロードコンペモデルが海外サイトにて発表されたので、

モトクロスモデルをご紹介したのですが。。。

やっぱりクロカン、エンデューロモデルも紹介しなくちゃ( *´艸`)

と、思いまして。。。そりゃそうです。

ワタクシが乗っているYZ125Xはコッチですから。

 

YZ450Fと同じく新型となった各種パーツを織り込みFXも2021モデル登場です。

こちらのシリーズはリヤホイールが18インチでございます。

サイドスタンドやアンダーガードが最初から装備されています。

モトクロスとフィールドが違うのです(^^♪

 

 

YZ450FX

2021-Yamaha-YZ450FX-19.jpg

 

450と250はスマホでパワーの出方を調整できるのです。

yz450fx_feature_004_2020_002.jpg

 

すごいですね。スマホって。。。

というか、今の技術ってほんとスゴイ。これカナリ便利なのです。

2020モデルのお客様と走りに行って、イジイジしてみると、変化がすごい。

凶暴にもマイルドにも、すぐなっちゃう。

 

250FXは2020と変更はカラーのみ。

青々しくて凛々しくて素敵。

YZ250FX

2021-Yamaha-YZ250FX-25.jpg

 

そして2ストロークモデル、250、125あります。

ワタクシが乗ってるYZ125Xです。2020モデル特に変更ありません、カラーのみ。

超絶軽いです(´∀`*)ウフフ 95キロですもの。

過酷な環境のコースは転倒が多くなってきます。(私が未熟なせいです。。。)

そのときの引き起こしでは、軽くて良かったと何度思ったことか(笑)

250FXで111キロです。これよりも16キロも軽いんです。

でもセルスタータはありません。シート高は95.5センチ。

疲れ果てている時は、足が上がりません(笑)

以前、跨ろうとしたら足が上がらず、そのままYZ君に蹴り入れて谷底に

吹っ飛ばした経験あります。あの時は。。。ゴメン。。。

 

YZ125X

2021-Yamaha-YZ125X-19.jpg

 

ということで、日本での発表、次期、価格など、気になります。

すでに、まだ??まだ???という感じなのですが、楽しみにお待ちください。

ではでは。

 

工場 タカマツ 

 

IMG_2386.JPG